かがわ医療福祉総合特区事業「へき地における医療の推進」

地域特性に応じた医療の提供 ~薬剤師の関わり~

徳島文理大学薬学部 教授
NPO法人 山の薬剤師たち 理事長

瀬川 正昭

 地域の特性に応じた医療を提供することが地域医療の本来の目的だと思われます。

 現代社会の特性として、少子高齢化、長寿命、慢性疾患の増加ならびに医師不足などが重要課題として取り上げられます。これらの課題は、離島や山間へき地に顕著に現れると考えられ、山間へき地に薬局を開設して薬局や薬剤師がどのような役割を担うことができるのかを考えてみました。

 その結果、まず、高齢化にともない在宅医療を欠かすことができません。次に、医療や介護スタッフの少ない人的資源を有効活用するために多職種の連携が欠かせません。

そして、小さな地域だけで完結できる医療を提供することは困難と思われました。

 以上のことから、へき地に開設した薬局を拠点として、新たなシステムの構築が求められています。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

- へき地医療の課題解決に向けて、ご意見をお聞かせください -

送信